建設業がホームページを持つ必要性とは?メリット・うまく使うコツを解説

建設業がホームページを持つ必要性とは?メリット・うまく使うコツを解説

PCやスマホで情報を検索することが当たり前となっている現在、ホームページを持っていることで、建設業は見込み客との接点を持つことができ、受注に繋げることも可能です。その他にも、営業コストの削減や経営者の思いを伝えることなど、建設会社にとってホームページは大切な役割を果たします。この記事では、建設業におけるホームページの必要性、メリット、ホームページをうまく使うコツなどを解説します。

建設業におけるホームページの役割

建設会社におけるホームページの役割は、工事を依頼したい見込み客に対して自社をアピールし、自社との接点を持てることにあります。

自社との接点を持てると、どういうメリットがあるのでしょうか?見込み客の行動を元に、建設会社がホームページを持つ役割を確認してみましょう。

ホームページから、見込み客は建設会社のサービス概要を把握します。そして、顧客のニーズを満たす可能性があれば、建設会社に問い合わせをします。問い合わせて商談し、見積もりをもらって、工事内容と金額に納得すれば建設会社に受注します。

建設会社がホームページを持っておけば、見込み客が自社と接点を持ち、受注に繋がる可能性があるのです。反対に、ホームページを持っていない建設会社は、見込み客にとって検討の選択肢にすら入らないわけです。

建設業におけるホームページの必要性・メリット

建設業におけるホームページの必要性やメリットについて確認します。

受注に繋がる

建設会社がホームページを持っていると、受注に繋がる可能性があります。PCやスマホで検索するのが当たり前となっている現在、建設会社を調べるのにもインターネットを使います。ホームページを通じて見込み客との接点を持った建設会社は、サービス内容を提案、見積もりを作成し、受注に繋げていきます。

営業コストを削減できる

営業コストを削減できるのも、建設会社がホームページを使うことのメリットです。営業担当者は、ホームページから見込み客を獲得し、電話やメールによって営業して「自社の顧客」へと育てていきます。見込み客を獲得する手間がないので、営業コストを削減できるわけです。

もし、ホームページがなかったら、「見込み客を獲得する」ことから営業担当者が力を入れなくてはなりません。もし見込み客を獲得できなければ、知り合いからの紹介、飛び込み営業などを通じて、見込み客を獲得し、さらに顧客へと育てなくてはならず、営業担当者の負荷は非常に大きくなってしまうでしょう。

また、ホームページは365日、24時間稼働しているので、会社が休日のときにも、ホームページが営業活動してくれます。メールフォームがあれば、休日に問い合わせがあった内容も、営業日に確認することができるでしょう。

経営者の思いを伝えられる

ホームページには経営者の経営理念や経営方針などを載せることも可能です。法人顧客を相手にする場合、「この建設会社はどういう経営方針で経営しているのか?」を気にします。ホームページがなければ、営業担当者や、ときには経営者自らが経営者の思いを説明しなくてはならず、手間が発生します。

人材の確保に繋がる

建設会社がホームページを持つと、人材を確保しやすくなります。例えば、インターネットの求人サイトで求人を確認した応募者が建設業A社に応募したいと思いました。求人サイトにもA社の情報は載っているものの、応募者は、経営方針や人事戦略、職場の雰囲気などを見たいのでA社のホームページを確認します。

ホームページに応募者が知りたい情報が載っていれば、応募者はA社への志望度を高めることでしょう。ホームページに書けることは自由なので、経営者の思い、自社サービスの案内、そして採用ページなどを充実化することも可能です。応募者が知りたい情報を適切に掲載することによって、人材の確保ができるのです。

建設業がホームページをうまく使うコツ

建設会社がホームページを持ったからといって、全てうまくいくわけではありません。ホームページをうまく使うにはコツがあります。

継続的な更新が必要

ホームページをうまく使うには、継続的な更新が必要です。継続的な更新が必要な理由は、検索で上位表示されるためです。上位表示されれば、見込み客の目に触れやすくなります。ホームページを作り放しではなく、継続的に更新していくことで、上位表示されやすくなるのです。

工数をかけずにホームページを作る

継続的に更新するには、時間や費用をかけずにホームページを制作することが必要。特に、人手が多くない中小の建設会社にとって、工数をかけずにホームページを作れることは重要ポイントです。

ホームページ運営になれてくると、次のようなニーズが新たに出てくることがあります。

  • 写真つきで施工事例を載せたい
  • お客様の声を載せたい
  • 社員インタビューを追加したい
  • 採用サイトを作りたい
  • オウンドメディア(自社で制作するブログ)を作りたい

しかし、プログラマーに外注してホームページを作成したり、ホームページ制作会社に委託したりすると、更新のたびに費用が大きくかかります。かといって自社内でホームページを1から制作するのは大変です。

ポイントは、簡単な情報入力と写真の追加などでホームページを制作でき、しかも更新やメンテナンスが容易なクラウドサービスを使うことです。そうすれば、工数をかけずにホームページを制作・更新することができます。採用サイトやオウンドメディアを追加できるサービスがあれば、なお良いでしょう。

まとめ

建設会社におけるホームページの役割、ホームページを持つことのメリットについて説明してきました。PCやスマホで情報を検索することが当たり前となっている現在、ホームページがないと見込み客を失うことになりかねません。自社内でできるだけ工数をかけずにホームページを制作し、継続的に更新していくことで、見込み客を獲得して受注に繋げていきましょう。

記事提供元・筆者

WorkPod 採用コラム

採用・求人に関する様々な情報を発信していきます。

WorkPod 採用コラムの記事をもっと見る

教育、 新卒採用 の関連記事

ネットサービスの関連記事

WorkPod

WorkPod 採用コラムは、採用・求人に関する様々な情報を発信していきます。

ピックアップ記事

株式会社シンライズ インタビュー

株式会社シンライズ 代表取締役安次嶺 良あしみね りょう 30年とさ...

モノクラコラム

株式会社ステラ インタビュー

株式会社ステラ 代表取締役飯島 正明いいじま まさあき 職人の技術...

モノクラコラム

株式会社ジェネシスジャパン インタビュー

株式会社ジェネシスジャパン 代表取締役田中 康之たなか やすゆき ...

モノクラコラム

人気タグ