建設会社がホームページを更新する理由とは?効果的な更新ポイントを解説

建設会社がホームページを更新する理由とは?効果的な更新ポイントを解説

企業のホームページは作成して終わりではありません。建設会社がホームページを作成することはあくまでもスタートライン。定期的に更新し、見込み客や協力会社を探している企業の目に触れやすくすることが大切です。この記事では、建設会社のホームページを効果的に更新するポイントを紹介します。

建設会社がホームページを更新する理由

「ホームページを公開した!これで見込み客や企業から問い合わせがくるね!」と思っていませんか?公開しただけでは、見込み客や企業からのたくさんの問い合わせを望むことは難しいです。定期的に更新することで、見込み客や協力会社を探している企業などに自社を知ってもらうことができるのです。

もしホームページを更新していないと、見込み客や企業に次のような不安を与えます。

  • 施工事例が豊富に載っているけど、最終更新日が3年前だと施工をお願いするのが不安だな
  • 塗装に自信がある協力会社を探しているんだけど、この会社のホームページは情報が古いから不安ね

建設会社が持っている技術力、サービス、顧客満足度を多くの人に知ってもらうためにも、ホームページは定期的に更新する必要があるのですね。

建設会社のホームページのコンテンツ

まずは建設会社がホームページに載せているコンテンツを確認しましょう。

施工事例

施工事例は、建設会社のサービスを見込み客がイメージできる重要コンテンツ。見込み客や企業が建設会社に「相談するかどうか」を決めるのも、施工事例の内容にかかっています。実際の施工現場を写真つきで紹介し、自社はどのような工事ができるのかを分かりやすく伝えます。

また、見込み客や企業が建設会社を探すときは、PCよりもスマホで調べることも多いです。スマホはPC以上に「流し読み」されやすいため、施工事例は見やすくします。吹き出しを入れたり、文章を適度に改行したり、箇条書きを採り入れたりして、文章を読むのではなく「見る」ように工夫します。

お客様の声

お客様の声は、建設会社を利用した顧客の生の声が聞けるコンテンツです。見込み客や企業は、建設会社を探す際、施工事例に続いて顧客がどう感じたかを知りたいと思っています。お客様の声として、以下の内容を盛り込むと「生の声」らしくなります。

  • 顧客が持っていた課題は何か
  • 建設会社が課題をどのように解決したか
  • 利用した顧客が感じた建設会社の良い点

生の声を伝えることで、顧客満足度が高いことを知らせることができます。

建設会社のホームページを効果的に更新するポイント

建設会社のホームページを効果的に更新するポイントは次の3つです。1.~3.は「施工事例」「お客様の声」に共通します。

  • 1. 更新しやすいサービスを使う
  • 2. 更新は小出しにする
  • 3. SNSと連携する
  • 4. 施工事例のこだわりを伝える

更新しやすいサービスを使う

自社のホームページは更新しやすいでしょうか?建設会社のホームページは公開して終わりではなく、定期的に更新して、見込み客の目に触れ、受注の機会を得ることが目的です。せっかく時間と労力をかけてホームページを公開しても、更新するのが面倒なサービスでは意味がありません。

ホームページを使って受注の機会を得たいなら、更新しやすいサービスを選んで頂くことも欠かせないポイントです。最近ではサイト作成の知識がなくても、情報を入力するだけで簡単にサイトを作成・更新できるクラウドサービスが出てきています。もし自社のホームページが「更新しにくい」のであれば、更新しやすいサービスに変更することを検討してみて下さい。その際、スマホ対応もしているサービスを選びましょう。

更新は小出しにする

複数の更新情報がある場合、ポイントはまとめて更新しないことです。検索サイトは定期的に更新するサイトを評価し、上位表示する傾向があります。まとめて更新情報が公開されると、見込み客の目にも触れにくくなります。ですから、載せたい更新情報があっても、一括で更新せず小出しに掲載するようにしましょう。

SNSと連携する

ホームページの自社のSNSアカウントに、ホームページの更新情報を連携します。連携するとSNSから集客することが可能になります。定期的に更新すれば、SNSでの露出度が上がり、集客に繋がりやすくなるでしょう。

施工事例のこだわりを伝える

施工事例を更新する際は、施工において特に力を入れた箇所を伝えていきます。専門知識や自社独自の施工ポイントを織り交ぜて説明すると、こだわりが相手に伝わるようになります。こだわりは写真で見せて、相手の印象に残しましょう。

ホームページ更新は採用にも役立つ

建設会社がホームページを定期的に更新すると、求職者からの応募にも繋がります。求人情報に触れた求職者は、「この会社はどんな仕事をしているんだろう?」と、ホームページを確認します。そこでロクに更新していないと「この会社は大丈夫かな」「他の会社に応募しようかな」と不安がられます。

更新ポイントを押さえて定期的に更新していれば、求職者の安心感を得られ、応募に繋がります。ホームページ更新は、新規顧客獲得や企業からの案件獲得だけでなく、採用にも役立ちます。

まとめ

建設会社がホームページを効果的に更新するポイントを4つ、ご紹介しました。ホームページは、見込み客や企業からの問い合わせに繋がるツールです。更新ポイントを押さえて定期的に更新しましょう。

記事提供元・筆者

WorkPod 採用コラム

採用・求人に関する様々な情報を発信していきます。

WorkPod 採用コラムの記事をもっと見る

その他 の関連記事

ネットサービスの関連記事

WorkPod

WorkPod 採用コラムは、採用・求人に関する様々な情報を発信していきます。

ピックアップ記事

株式会社シンライズ インタビュー

株式会社シンライズ 代表取締役安次嶺 良あしみね りょう 30年とさ...

モノクラコラム

株式会社リノベーションLABO インタビュー

株式会社リノベーションLABO 代表大髙 満おおたか みつる 撮影場所:...

モノクラコラム

人気タグ